2006年12月13日

まろんちゃん

黒い大きな大きなおめめで
小さい小さいピンクのおててで
ふわふわのきみ

白い綿の中で
眠っているきみを
そっと見るのが好きだった

うれしいときはいっしょに笑ったね
悲しみにうちひしがれてたときは、癒してくれたね

きみと過ごした はる・なつ・あき・ふゆ…
きみと僕は一心同体
右と左で支え合ってきた

ふわふわの綿のような雪の降る季節…
きみは七色に輝く素敵な場所に
行ってしまった…

僕と一緒にずっといて欲しかったのに
どうして勝手に行ってしまったの?

七色に輝く世界できみは
いまどんな夢を見ているの?

たとえいなくなっても、僕の心の中では

ずっと存在するよ…

ずっと生き続けているよ…

****************************

まろんちゃん、ありがとう…

七色の世界で…

これからもまろんさんを見守ってあげてくださいね…
posted by ゆきえ at 15:13| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな素敵な詩をいただき、ありがとうございます。
なんか私の心を見透かされているようで、、、、恥ずかしい限りです。(笑)

それにしてもこれほどうれしいことはありません。本当にありがとうございます。
虹の橋で絶対に喜んでいます。
遠い昔に忘れてしまった涙がでそうになりました。(笑)
「まろん」は本当に幸せものだなあ。
ちょっと嫉妬??
Posted by まろん at 2006年12月13日 21:42
まろんさん、こんにちは。
S・S・Sさんへもコメントしましたがわたしは、結婚してからは、ペットを飼ったことがなかったので(長男がぜんそくだったので)まろんちゃんはまろんさんの家のペットではありますが、いつのまにか自分が飼っているような気分になってしまっていました。(世話もしていなく癒してもらうだけでしたが…)

みなさんもきっと同じ思いだと思います。
まろんちゃん、ありがとう…
Posted by ゆきえ at 2006年12月14日 15:19
コメントありがとうございました。
わたしはこれまでいろんな仕事を
経験しましたので「ありがとう」って
言ってもらえることの喜びが身にしみて
います。相手に心を求めるならば
こちらも心を尽くすことが大事なんですね^^
Posted by モモ at 2006年12月16日 00:01
こんばんはゆきえさん☆
まろんちゃんって本当に存在して
たんですねoo
失礼ながら上の方のコメントを見たんですけど。。

ペットって癒されますよねッ
ぼくの実家にもダックスがいるけど
チョット意地悪とか依然してたから完全に
嫌われてるけど。。
今は性根を入れ替えてかわいがってるんですよヽ(○´ー`○)ノ
Posted by ひろし at 2006年12月16日 01:24
モモさん、こんばんは。
そうですね、すべての出会いにありがとう、という気持ちで過ごせたなら、これほどすてきなことはありませんね。
うれしいことやたのしいことやいとおしいこと…
捜せばいっぱい溢れていますよね。
そういうものを大切に見つけていきたいです。
Posted by ゆきえ at 2006年12月16日 23:47
ひろしさん、こんばんは。
そうなんですよ。本当に存在していたのです。まろんさんが飼っているハムスターのまろんちゃんです。
とても、かわいくてかわいくて…いつも癒してもらっていました。
今は、旅立ってしまったけれどまろんちゃんに出会えて本当に良かったです。

ひろしさんの実家にはダックスがいるんですか。
>今は性根を入れ替えてかわいがってるんですよヽ(○´ー`○)ノ
そうですか…また機会があったら是非ブログで紹介してくださいね。
Posted by ゆきえ at 2006年12月16日 23:53
まろんちゃんの優しさと、
ゆきえさんの優しさが伝わってきました^^
まろんちゃん、本当に可愛かったですね!
私も随分癒していただきました。
ペットって飼い主がお世話をするばかりの様でいて、
実は何倍もの「愛」を返してくれているのですね。
そして心を込めれば込めるほど、
返してくれる「愛」もどんどん増えていく様な気がします。
何か子育てと同じみたいですね^^
Posted by ミドリン at 2006年12月23日 09:46
ミドリンさん、こんばんは。
まろんちゃんは本当にかわいかったです。
かわいかっただけに旅だったと知ったときは本当に悲しかったです。

感情をコントロールするのがこんなに難しいものだと知らされました。

だけど、そんなまろんちゃんに出会えた事は貴重で大切な思い出です。
きっとずっと心の中で癒してくれると思います。
Posted by ゆきえ at 2006年12月24日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。